根本を見直そう!睡眠を改善して綺麗になる方法

カテゴリーイメージ

現在は、睡眠に関して悩みを抱えている人も多く、またそれを改善することが綺麗になれる方法でもあります。

まず、スマートフォンやパソコンから出ている光、ブルーライトは睡眠を脅かす存在で、太陽の光と似たような性質があるために、脳が覚醒する働きを持っています。よく、布団に入ってもスマートフォンを操作する人もいますが、睡眠のリズムが崩れてしまいます。

ブルーライトは特に若い人ほど影響を受けやすくて、寝つきが悪くなることで朝の寝覚めも悪くなります。すると、昼間に眠気が残り、勉強や仕事にも影響が出てきます。朝の寝覚めの悪さを改善するには、人工的に朝の光をつくり出すゴーグルがあります。

また、睡眠に関しての知識を根本的に見直すことが大切です。よく、毛布の上にかけ布団を掛ける人がいますが、これは間違いです。かけ布団は汗の吸収に優れていて、蒸れることが少なく、その上に毛布をかけることで熱を逃がさない効果があります。

更に、フリース素材の寝間着は、汗を吸収しないので身体が冷えてしまい熟睡できないこともあります。寝るときには、綿素材の寝間着を着ることが睡眠不足を防止出来ます。

また、眠るときに部屋を真っ暗にしてしまうのも、感覚が遮断されてしまい脳が活性化します。深い睡眠には、フットライトのような関節照明を付けて眠ります。