「美貌の秘密を教えます」美人はよく寝る!睡眠美容の秘密

カテゴリーイメージ

綺麗な人が美貌を保っている秘密には、実は睡眠が大きく影響しています。

睡眠不足が続くと、ニキビや肌のくすみなどトラブルが起きることがありますが、これは肌の代謝リズムが乱れて、バリア機能が下がっているためです。美貌に欠かせない肌のターンオーバーを促す成長ホルモンは、睡眠のときの最初の深いノンレムのときに多く分泌されます。ここで、肌の代謝リズムが整えられることで、バリア機能を高めてくれるので、肌のトラブルを改善するにも睡眠は大切です。

そして、眠りを誘うホルモンのメラトニンは、ビタミンEの約2倍の抗酸化作用があって、夜に生成されて美白効果や老化防止、ガンの予防などの効果が期待出来ます。

メラトニンを増やすことで、その効果も高くなります。メラトニンを増やすには、肉や野菜、乳製品などのたんぱく質、レバーやにんにくなどのビタミンB6を摂取して、太陽の光を適度に浴びることです。

また、眠る時に身体を横にしますが、この姿勢は重力から解放して筋肉の緊張を緩めます。緩むことで血液やリンパの流れがよくなって全身に血流が巡り、美肌に必要な酵素や栄養を届けます。その時に、老廃物の回収も行うので、むくみなどの解消の効果も期待出来ます。よく眠れたときに身体を軽く感じるのは、老廃物が回収されて疲れがとれているためです。